優れたアイデアが共有された時、すべてが可能になる

 

アプライド マテリアルズはベンチャー投資、トップクラスの大学との共同研究プロジェクト、お客様、パートナー、研究機関との協同開発事業、社内研究開発部門を通じ、活発な革新を育むネットワークを構築しています。  

エマージングテクノロジーの動向

次なるエマージングテクノロジーの潮流には、革新的なマテリアルズ エンジニアリングが必要となります。

video-altText

  

革新を加速するコラボレーション

アプライド マテリアルズのネットワーク

アプライド マテリアルズは、学者、研究者、政府機関、企業パートナー、起業家で形成された緊密なネットワークの一員として、ともに未来をひらいていきます。

広範で奥深い能力

アプライド マテリアルズは、材料の電気的、物理的、機械的、光学的特性を形成して材料を作り出し、変化させる業界でも有数の広範で奥深い技術ポートフォリオを持っています。非常に高度な成膜、除去、加工、分析の手法により、当社は原子レベルの材料制御を産業規模で実現します。

alt-image
  • ALD (Atomic Layer Deposition)
  • CMP (Chemical Mechanical Planarization)
  • CVD (Chemical Vapor Deposition)
  • ECD (Electrochemical Deposition)
  • エピタキシー(EPI)
  • エッチング プロセス
  • イオン注入
  • 計測 & 検査
  • PVD (Physical Vapor Deposition)
  • 高速熱処理

コラボレーション事例

alt-image

アプライド マテリアルズは、アデスト・テクノロジーズ社(NASDAQ:IOTS)に研究室スペースとエンジニアリングの専門知識を提供して開発と製品化までの時間を短縮すると同時に、同社にシリーズAラウンドから株式公開(IPO)するまで投資をしました。アデスト社は、アプリケーションに特化した超低消費電力、不揮発性メモリ製品のトップメーカーです。これら付加価値メモリ製品は、コンシューマーIoT、産業IoT、通信、医療、コンピューティングなど広範なアプリケーションにおいて新しいコネクテッドアプリケーションを可能にしています。

alt-image

アプライド マテリアルズは、装置の提供およびトップの人材育成を通じ、インドにおける半導体製造エコシステムの発展を牽引しています。インド工科大学ボンベイ校とアプライド マテリアルズのパートナーシップにより、200mm製造装置を持ち、ナノテクノロジー、化学、材料科学、および次世代テクノロジーの研究開発を専門とする3つの研究室を有する、インド初の大学を基盤とした施設が創立されました。また、インド初の半導体技術・製造の認証プログラム開発にも寄与しました。

alt-image

アプライド マテリアルズはジョンズホプキンス大学およびナノバイオテクノロジー研究所(INBT)とともに、臨床医とエンジニアが密接に交流して重要な医療課題を解決する支援をします。INBTは、ナノテクノロジーを活用した新しい治療に関する世界トップクラスの専門知識を持ち、アプライド マテリアルズは、独自の高速画像処理・ナノファブリケーション技術の専門知識を提供します。医療業界に貢献する新しく高性能なデバイスを共同開発したいと考えています。

alt-image

アプライド マテリアルズは、大学および国立研究所と協力して先進の電池の研究プログラムを推進している産業パートナー5社のうちの1社です。

alt-image

ノースク・タイタニアム社へのベンチャー投資は、グローバルな規模で革新を見出し、加速化するというアプライド マテリアルズの基本方針を反映しています。当社はマテリアルズ エンジニアリングのリーダーシップを発揮して、ノースクの高速プラズマ成膜技術がより早く産業利用されるのを支援します。

alt-image

付加製造における、シンガポールの競争力強化を実現する革新的な技術開発にフォーカスし、2014年に共同開発事業が確立されました。

alt-image

アプライド マテリアルズは、大量生産のためのALD技術の共同開発と技術供与をBeneq® 社と行い、開発と市場投入までの期間短縮を加速します。Beneq®は、ALD装置および薄膜フィルムコーティングサービスの有力サプライヤーです。Beneq薄膜フィルムソリューションは、ディスプレイの未来を変えます。

alt-image

ティンダル社はアプライド マテリアルズの戦略的研究パートナーで、ALD関連分野では最先端の300mm ALDチャンバを2基提供しています。また同社が世界有数の研究能力を持つ他の分野でも協働しています。さらに、イン・レジデンス研究員は、ティンダルの学術、産業パートナーと肩を並べて研究をしています。

協働の形
alt-image

共同開発

開発期間の短縮を目標に共同で技術を開発します。

alt-image

大学プログラム

研究者や大学での研究を後押しし、最先端科学の商品化を支援します。

alt-image

政府助成事業

政府機関やコンソーシアムと協力して見識を合わせ、テクノロジーロードマップを作成します。

alt-image

戦略的ライセンシング

ライセンス技術の受領、供与を通してWin-Winの協働を実現します。

alt-image

ベンチャー投資

Applied Ventures LLCを通じて、創設間もないテクノロジー企業に投資します。

協働に関する詳細は、こちらからお問い合わせください。

公式SNSアカウントはこちらから: TwitterLinkedIn